同志

04年度1年間共にドラッカーマネジメントを学んできた経営者たちと会いました。たった一年ですが、マネジメントという学んでいない人たちにとっていわば「方言」にも値する経営用語を共通言語として話が出来る。しかもお互いの状況を理解し合っている。良きライバル、良きアドバイザーという関係が出来ました。企業活動を通じて世の中をすこしでも良い方向に変えていく。こんな事を照れることなく語り合えることが嬉しい。まさに互いの心の炎に油を注ぎあった一夜でした。
同志:(1)主義・主張を同じくすること。また、そういう仲間。同じ志の人。

昨年の今日スタートしました

昨年の今日、この自転車に乗り始めました。走行距離5388.7km走行時間287時間25分●自動車で同じ距離を走行すると排出されるCO2は1.239401トンとのことです。思いの外、走りました。今日も半年ぶりにテニスをしましたが、足だけは速いなと誉められ?ました。自転車はもう少し続ける予定です。町中で見かけた方、ぜひ声を書けて下さい。

愛犬の名前は「雨」

最近映画化された「東京タワー」の作者でも有名な江國香織さん。彼女の愛犬の名前が「雨」というそうです。雨が好きだからのようですが、こうした方が著名な方にもいらっしゃるのが嬉しいですね。ある雨の好きな方からの情報です。ありがとうございます。「雨のみち」の絵本が出来たら一冊送ってみたいと思います。ちなみに私は2001年から読んだ本の三行感想をつけています。この「東京タワー」は2002年正月に読みました。「人はどこかで常識とは別の世界を必要としている。現在の世の中がそうさせるのか?」これがその時の感想です。映画はDVDのレンタルでみてみたいと思います。

大阪の夜

今日は大阪です。個性豊かな営業担当者が多いので、会議やその後の会でも様々な意見が飛び交い刺激が多い1日でした。明日(もう既に今日ですが)は名古屋。どんな雰囲気かが楽しみです。

博多の夜

4/1の「地産地奨」を書いて頂いた会社たちと食事をしました。入社2日目のhiromiさんも参加。社長を筆頭に気持ちの良い方ばかりの会社です。ちょうどライターのakikoさんも参加され、「雨のみち」についてもいろいろ語り合うことが出来ました。以前より温めている「雨のみち」絵本の話も具体化になってきました。また機会があれば紹介したいと思います。

披露宴

久しぶりに披露宴に出席しました。新郎新婦並びにご家族の温かい人柄が伝わる大変感動的な内容でした。私が結婚した年とほぼ同じくらいの年で結婚された新郎新婦。自分の時と重ね合わせながらの3時間でした。最初に新郎からの結婚にあたっての決意表明があり、心に伝わるものがありました。幸せな家庭になることは間違いない、参列された皆さんも同様に感じたことでしょう。新年度のスタートにパワーを頂くことの出来た披露宴でした。

地産地奨

 今日から新年度。気持ちも新たにスタートです。弊社にも3名の新入社員(秋田工場)が入りました。初々しい感じがいいですね。
 年度始めの挨拶の中でこの「地産地奨」をキーワードとして上げました。工場でつくったものが地元でほとんど使われていない。丹誠を込めてつくっても地元では使われていない。そんな思いを形にするために掲げた言葉が「地産地奨」です。通常は地産地消と書きますが、当社の場合は食べ物(消費されてしまうもの)をつくっているのではなく、雨のみちをデザインするための道具(雨とい)をつくっているのであえて「奨」を使いました。社内公募でつくった造語です。地域に推奨され、使われるようになる。そんな思いを込めています。今後の動きに期待しています。