雨とい・換気棟・屋根材、壁材などの金属外装メーカー

  1. ホーム
  2. タニタハウジングウェア商品の特徴

タニタハウジングウェア商品の特徴

金属のよさへのこだわり

「持続可能なものづくり、建築のあり方」を求めると、最もその可能性を秘めた素材は「金属」であると考えています。
タニタハウジングウェアは、「銅」からスタートし、金属と共に半世紀。
新建材という多様な商品が氾濫する今、私たちが考える、いかに「金属」が優れた素材であるかの一端をご紹介させていただきます。
金属のよさへのこだわり

金属の優位性

そのままで不燃材であること
不燃であることは、建築用途において優位であることを意味します。
軽量であること
特に薄板にして外装材へ採用した場合、建築物への負担を軽減します。
地震大国の日本において、建築物への負荷を軽減しリスク・不安を低減します。
加工が容易(比較的)であること
雨仕舞い部分において、シリコーン等のシール納めと比較して、板金技術に応じて高い耐久性を発揮します。折る、掴む、曲げる、等の技術で建築に「粋」なラインを吹き込みます。
安全性
金属が、現代の建築に多く、永く使用されてきたことは、人体に対する被害がないこと(例えば分解して空気中に飛散しない等)、安全性に富む素材であるためといえます。
将来性(可能性)
加工技術、塗装技術、合金技術・・・、金属にはまだまだ未知の世界が広がります。金属の進歩、発展はこれからの建築に貢献を続けます。

なにより、金属の魅力は、その素材がもつ質感と屋外における耐久性です。
そして、新建材とは一線を画す本物の素材に、「曲げ、折り、絞り、接合」といった粋な加工を行うことで、
さらに価値を向上させ、建築の幅を広げます。

「雨のみちをデザインする」最適な素材。だから「金属」なのです!
 歴史が物語るように建築の雨仕舞いは金属なしには語れません。
 防水ではない、雨のみちの重要な役割を果たす「雨仕舞い」。
 技術(技)を用いて多様な意匠を表現します。
 これからの循環型社会には最適で、欠かすことの出来ない素材です。

タニタハウジングウェアが用いている金属の特徴

銅
古来より銅の持つ加工の容易さに加えて、防腐作用があることで建築を守ってきました。そして、他の金属と異なる最大の特徴は、経年変化するその表情です。
永い年月を経て「赤」といわれる銅が「緑(緑青)」に変化する姿は、そこに携わる人と共に成長する金属といえます。

ステンレス

ステンレス
錆びにくい金属として、今では様々な用途に採用されています。
建築外装に使用されるステンレス鋼の多くは「オーステナイト系」と呼ばれる鋼種。しかし、昨今の合金技術の発展が様々なステンレスを生み、多くの用途に広がっています。
実績として、高クロム鋼種(高耐候性フェライト)は、外装建材としての可能性を拡大させています。

ガルバリウム

ガルバリウム

正式には「溶融55%アルミ亜鉛合金めっき鋼板」といい、亜鉛めっき鋼板類の中で、耐久性、経済性、加工性を総合して高いポジションに位置する現代の主流となった素材です。
銅やステンレスと比較して採用されやすい価格ということも建築への採用拡大の要因となっています。
それには、軽度のキズを自己修復するという大きな特徴もさることながら、防食技術の一つでもある塗装レベルの向上による耐久性アップが起因しています。
また、屋根・壁・雨とい及び見切り材などの一体感を持たせることでトータルコーディネイトを容易にした素材であることが採用拡大の大きな要素となっています。

アルミニウム

アルミニウム

表面処理は、JIS-H8602 A1種(一部商品を除く):アルマイト 9μm・塗膜7μmを採用。
建築外装材としても充分な性能を保持しています。アルミ素材ならではのシルキーで艶やかな質感が特長。

アルミニウムの比重は、鉄やステンレスと比較しても約3分の1。ガス管(配管用炭素鋼鋼管)等に比べ、現場での施工効率の向上に貢献します。
また、アルミニウムは耐候性・耐食性にも優れ、ー200°Cの温度環境にも変質しない特性を保有していますので、幅広い現場ニーズに対応できます。

タニタハウジングウェア ものづくりスピリット

それは
1.同業において他に類を見ない商品精度の高さ
2.お客様の声に、独自性を高めた商品の優位性
3.シリーズの使いやすさを追い求める多数のアイテム
4.最終的に「やっぱりタニタ」と言っていただける総合評価
タニタハウジングウェア ものづくりスピリット

「銅」商品を扱うことで鍛えられたタニタハウジングウェアのものづくりは、素材そのものの価値を最大限に引き出し、加えて、加工精度の高い量産化技術と一品ものの特注生産も手を抜かないことで、皆様から安心と信用を頂戴してきました。美しさと精度へのこだわりはタニタハウジングウェアの真髄です。
私たちの活動は「雨のみちをデザイする」というメッセージに込められ、日本の建築、風土に適応したモノづくりに表現されます。

タニタハウジングウェア ものづくりスピリット

量産される建築の時代はとうに過ぎ、「残すべき建築の為に何が出来るか・・・」そんな使命感をもって、つくり手様、住まい手様の声を真摯に受け止めることが、我々のものづくりの出発点です。

これからのタニタハウジングウェアは皆様のお声から、プロとして「雨のみち」を考え抜き、つくり手様、住まい手様に最大限の貢献をさせていただきます。

雨のみちの「ものさし」